ランニングコストの高い注文住宅|長持ちする住まい

中古の家はかなり安い

ガイダンス

市川市で家を購入する時新築のものやモデル住宅があります。しかし結構いい値段での販売なのでローン返済を考えると躊躇してしまう人もいるでしょう。こういう時は市川市にある中古一戸建てを利用してみると良いです。中古品だけに新築やモデル住宅よりもかなり安く購入できます。築年数によって販売価格は大きく違っていて、築年数の経過しているものほど販売価格が安くなるのです。築年数が経過すると建物そのものの値段だけ下がるため、築年数0円のものは土地代のみの価格で売っています。販売価格が安いため浮いたお金を使用してリフォームするのもいいでしょう。例えば車の趣味を活かして整備できるガレージを設置した自宅を作れるのです。

中古一戸建てを購入するときにはまとまった資金が必要になります。そこで市川市にある銀行のローンを利用すると良いでしょう。住宅ローンを利用して中古一戸建てを購入するときは、元利均等返済と元金均等返済が選べます。名前が似ていますが中身は全くの別物なのです。元利均等返済は元金の返済額と利息額が一定になるように支払います。つまり返済金額は毎回同じで、資金計画を立てやすいメリットがあるのです。返済が進むに連れて利息が減っていく仕組みをしています。元金均等返済は最初に支払う金額が多いので注意が必要です。しかし最終的に支払う金額は少なくなります。市川市で中古一戸建てを買うときは販売金額を考慮して支払う方法を選ぶように気をつけましょう。