ランニングコストの高い注文住宅|長持ちする住まい

気候に合わせた家づくり

部屋

愛知は太平洋の気候となる地域であることから、夏は高温多湿で暑く、冬は乾燥して寒くなります。このように変動する気候の中で、いかに住みやすい家を建てるのかも注文住宅のポイントになります。ハウスメーカーが提供するローコスト住宅は、単に安いだけではなく住宅性能もパッケージ化されているのが特徴です。断熱処理や組み立て工法などが確立されているので、愛知のような気候の地域に適する設計がある程度は決まっています。そのために住み心地に関しては最適化されているので安心できるわけです。その上で、施主の希望に沿う形で間取りや設備、収納といったものを選択するようなスタイルとなります。注文住宅としてはセミオーダーとなりますが、安心して住めるようになっています。

さらに愛知には、地元で長く注文住宅を手掛ける工務店も多くあります。愛知と一口に言っても、エリアによっては風土が異なるものです。それぞれに適した設計をすることで、さらに住み心地を高めることが可能となります。それに加えて光や風といった自然のエネルギーを効率良く取り入れることができる家は人気があります。このような家は冷暖房の効率も高く、光熱費を抑えた生活を送れるからです。さらに注文住宅では天然素材を使うことによって、快適な室内環境を得られる設計も人気があります。素材そのものが持つ調湿機能などを活かすことにより、部屋の空気を綺麗にすることができるからです。ホルムアルデヒドなどの有害な物質も吸着するので、健康にも優しい家となります。